栄養たっぷりの食事

看護師は体力が基本なので、栄養たっぷりの食事が重要になります。忙しすぎて食事の時間がとれなかったり、短時間で食事を済ませなくてはならないこともしばしばです。そのため、栄養ドリンクや栄養剤・スティックバーなどでごまかしながら仕事をしている時もあります。
個人クリニックでは昼休みが確保されていますが、混雑によっては食事時間が短縮されてしまうことも珍しくありません。総合病院では病院の食堂を利用できたりしますが、やはり時間が決まっているため、いつも栄養のあるおいしいものを食べられるとは限らないのです。できることであれば、お弁当持参でゆっくりと休憩を取るのが理想的といえます。しかし、実際には家事や育児・介護に忙しく、お弁当を作る時間もないというのが現実です。
食べ物はそれだけ食べていれば十分というものがなく、まんべんなくさまざまなものを食べて栄養を取り入れることが重要になります。そのため、パンやお菓子といったもので食欲を満たすのではなく、定食や野菜をたっぷり食べるといった、カロリー的にも栄養的にも理想的な食事をとることが大切です。病院の食堂であればカロリー計算もしてあり、食材についても細かく対応してくれています。時間がない時でも、おかゆや野菜ジュース・お菓子であればおせんべいなどといった、栄養価の高いもの・消化のよいものを選ぶのがおすすめです。
常に気を張っていなければならない仕事なので、空腹を忘れてしまうこともあります。しかし、きちんとした食生活を送ることが患者さんの見本にもなりし、自分の体を大事にすることでもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP