看護師の食生活について

夜勤をしなければいけないこともある看護師。そうなると、どうしても気になるところは食生活です。昼夜逆転生活を強いられることもあるため、食生活が不規則になってしまうこともあるでしょう。食事が乱れると、健康を害してしまいかねません。そうした不規則な生活を強いられる看護師だからこそ、人一倍食事については気を使いたいところです。
たとえば、夜食を食べてしまうと太りやすいといわれています。あるいは、食べた後すぐに寝てしまってもよくないと考えられてもいます。しかし、夜勤がある生活だと、寝る前にお腹が空いてしまうということも珍しくないことです。もちろん、寝る前などにたくさんの食事を取ってしまうことは禁物ですが、何も食べないよりは食べた方が良いかもしれません。痩せるために食事を抜いてしまうと、その結果としてタンパク質の不足などを招き、寝ている間の身体の修復作業が捗々しくなくなってしまうこともあります。そのため、寝る前にどうしてもお腹が空いてしまったら、あくまで軽食として何かを口に入れておくと良いでしょう。また、空腹を我慢して眠ってしまうと、タンパク質が不足することでむくみの原因になってしまうこともあるようです。
具体的には、大豆食品を摂取するようにするのがオススメです。脂っこいものやうどんなどの脂質・糖質の多いものは、できるだけ控えるようにしましょう。タンパク質が豊富に含まれる大豆をささっと食べて眠ると、むしろ身体に良いものです。食生活が乱れがちな看護師だからこそ、寝る前の食事にも気をつける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP